通販か禁煙外来で選ぶ補助薬|家族の為に喫煙を絶つ日々

禁煙治療薬の入手経路

禁煙外来で処方されるチャンピックスとは、バレニクリン酒石酸塩を成分した経口投与する薬剤となり、成分の持つ作用としてα4β2トンラスポーターへの部分的な作動薬作用をもたらし、喫煙により摂取するニコチンに比較して弱く少量の刺激作用を持ち、また内服中に喫煙をしてもニコチンの作用自体を弱める拮抗作用を持つとされ、適応としては禁煙を補助する事が目的であり、有効性及び安全性の確保等に関する法律によると劇薬の指定を受けているので医師の処方の元のみで投与する事の出来る処方箋薬となります。
副作用として傾眠や目眩等が挙げられ、意識の低下あるいは消失に伴う意識障害を起こす事があり、この症状により自動車運転による事故も報告されているので内服した際の危険を伴う作業等は控える必要があり、また報告によると重篤な症状には抑うつがあるとされ自殺企図あるいは念慮する事があるので初期の段階では念の為に注意しなければなりません。
チャンピックスを使っての禁煙治療を希望するのであれば医療機関にある禁煙外来で処方してもらう事ができ、ある一定に基準を満たす様であれば保険内で治療を受ける事ができ、上記記載の通り市販薬として薬局等では購入する事の出来ない薬になるので注意が必要です。
従来までのニコチン置換療法として用いられていたニコチンガムやパッチとは異なり非ニコチン製剤となる為、薬理的にも異なるとされ刺激作用はあくまでも部分的に留まり少量のドパミンを放出させる事ができ、ニコチンがトランスポーターへと結合する事が出来るので拮抗作用としてはその作用を弱める事が出来るとされニコチンによるドパミン放出を弱める事に繋がるので喫煙により今まで得られていた満足感を得る事が出来なくなります。
チャンピックスを用いての禁煙治療は成功率が高いとされ、成功率も60%を超えるとも言われるので従来のニコチン製剤で結果が出なかった方やこれから禁煙治療を検討しているのであれば、禁煙外来に受診して下さい。