通販か禁煙外来で選ぶ補助薬|家族の為に喫煙を絶つ日々

禁煙の為に内服する医薬品

チャンピックスとは、喫煙者が始める禁煙の新しい選択肢の一つとして誕生した成分にニコチンを含有しない非ニコチン製剤で有り又、剤形も従来までの補助薬の様にニコチンを含んだガムや体に貼付ける事で作用するパッチとは異なり、楕円形の錠剤となり0.5mg錠と1.0mg錠が有り前者は白い色をしており、後者は薄ら青みがかった剤形を特徴としており、その成分はバレニクリン酒石酸塩となり三ヶ月を一周期とし一日一錠と始めの一週間を0.5mg錠剤、その後は1.0mgとしており、他にも異なる点として投薬開始から一週間は喫煙する事を無理に止める必要も無く、負担を掛ける事無く始める事が出来ます。
チャンピックスは禁煙外来で処方してもらう事ができ幾つかの条件が設けられており、その条件は四つ有り、当人が禁煙を希望している事、ニコチンの依存度を測定するTDSを受け5点以上の数値が出る方、ブリンクマン指数といい一日に喫煙する本数に喫煙年数を乗じて出る数値が200を超える事、治療に承諾するサインをする事となります。
禁煙外来に通院する良い点として、挫折を繰り返し易い禁煙を医師から助言や辛い時の対処法等を貰う事もでき、上記の様に保険の範囲で負担を少なく治療する事ができ、内服薬となるだけに副作用症状を起こす事も有るのでそういった際に速やかに対応して貰える等が挙げられ、海外からチャンピックスを通販で購入する事もでき、こちらは値段が医療機関処方に比べ安価である事や通院という手間を省く事が出来るとしており、通院する時間が無い方等には有効となる事も有ります。
通販で購入した際でも禁煙外来処方でもその作用は変わらず、同一バレニクリンを成分としているので喫煙に対しての欲求を軽減する刺激作用と喫煙時によるニコチンの脳への作用を弱める拮抗作用の二つとなり、成分が受容体に作用する事で少量のDA分泌を促す事ができ喫煙欲を抑える事や禁煙時に伴う離脱症状を緩和させる事ができ、上記にも記載しましたが始めの一週間はは喫煙出来るのは、もう一つの拮抗作用が受容体へのニコチン作用を弱める事が出来るので、次第に喫煙しても今迄得られていた爽快感や気持ちの落ち着き等が得られなくなる仕組みとなります。
本剤は時に副作用として意識障害を起こす事もあるので、内服時は十分に注意する必要が有り、特に通販で購入するのであれば尚更の事になります。


チャンピックスの通販ならチャンピックス通販ガイド